立地条件の良い西日本最大のソープランド街

金津園ソープランドは、岐阜駅南口から徒歩3分程度の場所にある西日本最大のソープランド街です。
東海道本線新快速では名古屋駅から岐阜駅まで19分というアクセスの良さもあり、中部地方から遊びにくる男性客で金津園はにぎわっています。
金津園ソープは地元住民よりも遠方からやってくるお客さんが多い傾向があります。

金津園という地名はない

金津園という地名はなく、岐阜市加納水野町2丁目周辺のソープ街エリアを金津園と呼びます。
吉原ソープ街も同様で、台東区千束4丁目周辺を吉原と呼んでいます。

これは吉原や金津園がもともと遊郭だったことが理由です。吉原遊郭や金津園遊郭だった場所でソープランドが営業を始めたため、今でも遊郭の名前のままで呼ばれています。

名古屋ソープではなく金津園ソープが良い理由

近隣で大きな都市である名古屋市内には格安ソープしかないことも、金津園の人気の一つです。
高級店で遊ぼうと思ったら金津園しか選択肢はありません。また、あえて金津園まで行くのだから高級店で遊んでみようと思う男性も多いのでしょう。
そのため、金津園では他地域のソープ街と比べても高級店の客入りが良い傾向にあります。

54店舗が営業中

西日本最大のソープランド街である金津園では、現在54店舗が営業しています。
ソフトサービスの格安店から、即即やNSといったハードなサービスを行う高級店までお店の価格帯も幅広くなっています。
女の子の年齢層も20代から40代まで幅広く働くことができます。

ソープランドでアルバイトする