横浜には曙町や福富町という日本でも最大級の風俗街があります。

曙町はソープランドよりもファッションヘルス(店舗型ヘルス)やデリバリーヘルスが多いです。ソープランドも近隣風俗店の価格に合わせて格安店~大衆店が多いです。

福富町エリアはソープランドが多いです。性風俗店だけでなくキャバクラなども非常に多く、夜になると煌びやかなネオンで街全体が輝いています。

横浜ソープの特徴

横浜ソープランドは鶴見駅の1店舗、横浜駅の1店舗を含めて25店舗が営業しています。

横浜の風俗街は福富町・曙町が中心です。伊勢佐木町や桜木町に近いお店もあります。

2004年頃までは横浜のソープランドはあまり情報がありませんでしたが、現在ではどのお店もインターネットで求人活動を行っています。

総額2万円台の格安店~大衆店が中心で、総額5万円を超える高級店も3店舗あります。

横浜ソープにもNS店があります。

横浜のソープランドは、かつては全店舗がS着店(コンドーム着用店)でした。

しかし、2022年になってNSを公開して営業しているお店がでています。

2022年3月時点では以下の3店舗がNS・S着混在店として営業しています。

  • ワンダフル(関内)
  • アロー(関内)
  • ジャパンクラブ富士(横浜駅そば)

NS店は川崎ソープに数店舗あり、川崎のほうが選択肢は多いです。

関連:川崎駅周辺のソープランド求人情報

出稼ぎにも人気の観光地横浜

横浜といえば中華街やみなとみらいが有名です。観光地として人気が高いこともあり、出稼ぎ風俗をする女の子にも高い人気がある風俗街です。

福富町のソープ街からとても近いので、仕事終わりには赤レンガ倉庫やみなとみらいでショッピングを楽しんでいる女の子も多いです。

福富町は福富町仲通、福富町東通、福富町西通の三町で構成されており、韓国系の飲食店が多くコリアンタウン化しています。