ソープランドでは給料から引かれる「雑費」という項目があります。

各店によって金額に差がありますが、雑費を徴収しないお店はありません。退勤時に徴収したり、月の初めに税金と称して徴収するお店もあります。

お店によって引かれる内容や金額は異なりますので、面接で必ず確認するようにしましょう。

給料から引かれるものはどんなこと?

雑費として引かれるもの

・タオル
・ローション
・コンドーム
・イソジン
・マウスウォッシュ
・部屋のレンタル代
・オプションのアダルトグッズ

など当たります。

お茶代

お客さんに出すドリンク代は女の子が負担することになっています。
お茶代も雑費に含まれることがあります。出勤したときに500円程度を徴収したり、接客した人数1人当たり100円を徴収します。

税金・月ボーナス

ソープランド特有の雑費として存在するのが税金と月ボーナスです。税金は国や自治体に支払う所得税ではなく店に払うものです。
月ボーナスは、女の子の世話をするスタッフさんへのボーナスという事になっています。

女の子が雑費を払う理由

コンドームやローションを雑費として支払う理由はソープの法律上の建前が関係しています。
ソープランドの性行為は、お客さんと貴女の間の自由恋愛ということになっており、お店がコンドームやローションを支給してしまうと、売春を斡旋する行為になってしまうのです。

お茶代、税金、月ボーナスに関しては「昔からの習慣」ということになっています。
働く女の子の立場でいえば納得いきませんし、一部の店長や求人担当者の立場でもおかしいと思っている習慣です。

現に新しくオープンしたお店では税金やボーナスを引かないことも多くなっています。

雑費がない店では、その代わりにもともとのバック率を低く設定しているされていることも多く、雑費が引かれるお店と比べて手取り金額はあまり変わりません。

ソープランド アルバイト おすすめ