風俗店の経営者やスタッフはどんな人だと思いますか?

よく風俗店は暴力団やヤクザと繋がりがあると思われていますが、実際はそんなことありません。一見すると怖い顔でも中身は常識のある社会人です。

顔の怖いスタッフだって中身は普通の人

ソープランドという商売では「男性スタッフがお客さんから舐められてはいけない」という鉄則があります。

お客さんが女の子とのプレイ中にトラブルを起こすこともあるため、あえて怖い格好をしていた方が良いと考える店長もいます。(私も同様の考えです)

風俗店の男性スタッフだってしっかりと面接を受けて採用されています。特に高級ソープの男性スタッフは高収入ですからそれなりに人気があり、誰もが働けるというわけではありません。

基本的に礼儀のない人間は採用されません。採用される人はもともと会社員をしていた人が多いです。たとえ顔が怖くたって、礼儀作法と話し方がしっかりしていればお客さんの信頼を勝ち取れるのです。

ソープ街全体で暴力団関係者を排除している

特殊浴場協会連合会に加盟している店舗に暴力団関係者は一切いません。

なぜなら、暴力団関係者がいたら警察から摘発されてしまうからです。ソープランドは新しく開業することができませんから、摘発されまないようにお互いに情報を共有しているのです。

吉原やススキノなどの大きなソープ街で営業しているソープランドに暴力団関係者はいませんから安心して働いてください。

ヤクザが経営してる風俗店とは?

ヤクザと繋がっている可能性が高いのは、ちょんの間や本デリなどの裏風俗、そしてボッタクリをしている店です。

たとえ指定暴力団が運営していなくても、反社会的なチンピラが運営をしているのは間違いありません。

ここで注意して欲しいのは、法律を守ろうとしない店のほとんどは営業許可を取っていなかったり、届け出を出していないということです。

(ソープを出店するためには店舗型性風俗特殊営業営業開始届出書を、デリヘルを出店するためには無店舗型性風俗特殊営業開始届書を警察へ出さなければなりません。)

つまり。いつ警察が飛び込みでガサ入れにきてもおかしくないのです。

違法風俗店かどうかを見分ける方法

風俗店では、風俗営業許可を申請時に記載した届出証を、事務所の見える位置に置く事が義務付けられています。届け出を出して営業許可が降りているお店なら、お客さんから見える場所に届出証を貼っているはずです。

貴女が面接に行った際、事務所内に届出証が見当たらなければ疑うべきです。

営業許可証の確認が取れているお店で働きましょう

当サイトで紹介している求人サイトでは、営業許可証の確認を取った風俗店のみを掲載しています。

「面接に行ったら違法風俗店だった」ということがないように、きちんとした求人サイトから面接の約束を取ることをオススメします。

ソープランド アルバイト おすすめ