面接では身分証明書が必要です

ソープランドに限らず風俗店で働くためには本籍記載の住民票が必要です。

個人情報を提出したら悪用されそうで怖いという気持ちは分かりますが、現在の法律では本籍記載の住民票がないと風俗店で働くことはできません。

風俗店は従業員名簿と一緒に本籍記載の住民票のコピーを3年間保管しなければいけません。

これは風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)によって義務付けられていることなので、本籍記載の住民票・身分証明書の提出を求められとしても安心してください。

参考:風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 – Wikipedia

身分証明書の提出に抵抗があるなら、風俗でのアルバイトを諦めた方が良いでしょう。身分証明書は要らないと言うお店があればそこは違法な風俗店です。

当サイトで紹介してる風俗求人サイトは、きちんとした営業許可書を取得している風俗店しか掲載していませんので、個人情報を悪用されることはありません。

優良ソープランドを掲載しているオススメの求人サイト

一部の地域で年齢は20歳以上から

法律では18歳以上ならソープランドで働くことができます。しかし、吉原や川崎など一部の地域のソープランドでは、その地域の自主規制によって20歳以上の女性でないと働くことが出来ません。

また、18歳でも女子高生は働く事が出来ません。

18歳でも働けるソープランドがある地域

ススキノ、大宮、川口、千葉、雄琴、和歌山、兵庫、広島、高松、徳島、大分、熊本、鹿児島、沖縄

年齢確認できるものを持ってないけど働きたい

年齢確認できる身分証明書を持ってなければ、ソープランドはもちろん風俗で働くことは出来ません。

まともな風俗店は、18歳未満の女の子が他人の身分証明書を借りて働くことがないように、必ず写真付きの身分証明書で年齢確認をしています。

健康保険証のほかに貴女の写真が付いている身分を証明するもの(卒業アルバムなどでも可)が必要になります。店によって違いますから、事前にしっかりと確認してから面接に行きましょう。

運転免許証を持っていない場合は、原付免許を取得するのが比較的簡単な方法なのでお勧めです。

写真付きの身分証明書を確認しないで雇うお店は営業許可を取得していない違法な風俗店です。経営しているのは暴力団やそれに近い人達ですから、止めておいたほうが良いです。

ソープランド アルバイト おすすめ