雄琴は関西地方屈指のソープランド街です。

琵琶湖西側の滋賀県大津市苗鹿3丁目一帯がソープ街となっており、国道沿いの「ゴールデンゲート」や「シルクロード」という大きなゲートが目印になっています。

雄琴ソープはほとんどが完全S着店

雄琴ソープでは全ての店舗が「滋賀県特殊浴場協会」に属しており、協会自体が衛生管理やイメージ向上のための活動をしています。
現在はほとんどの店がスキン完全着用です。

雄琴という場所柄、建物自体が大きくサービスルームなども広めの店が多くあります。温泉街の傍にあることから利用客の客層がある程度落ち着いた客層に限定されています。

NS対応の店は数店舗あり

雄琴ソープのなかでも、高級店では数店舗NSをしている店舗があります。女性の源氏名の後ろに「プレミヤ」と書かれていれば要注意です。

(皇帝別館はNSサービスを行っていましたが、リニューアルで完全S着となりました。)

雄琴ソープと雄琴温泉との関係

雄琴温泉は歓楽温泉としても発展した背景があります。温泉街の南側に誕生した雄琴ソープランドには雄琴温泉の源泉が引かれておらず、温泉としての関連性はありません。

2000年以降、地元観光協会などでは平仮名表記の「おごと温泉」とし、2008年3月には雄琴駅が「おごと温泉駅」と改称されています。

福原ソープ街と比べて

雄琴ソープ街は兵庫県の福原ソープ街と比較されます。都市部にある福原は街全体がいかにも繁華街といったイメージですが、雄琴は田舎の観光地に位置していることもあってほのぼのとしています。