淋病は1回のセックスでの感染率が30%と言われています。クラミジアに続いて感染者数が多いSTD(性病)です。

男性は強い尿道の炎症を伴う為に分かりやすいですが、女性は感染症状が現れにくい特徴があります。
自身の感染に気付かず他人へとうつしてしまう可能性があります。

フェラチオによる咽喉への感染も多く見られます。

淋病になる危険があるプレイ

NS(コンドームをしない本番行為)、生AF(アナルへの挿入)、フェラチオ、クンニ、69

淋病を予防する方法はコンドームの着用です。
淋病に感染した場合はクラミジアにも同時に感染する可能性があります。

淋病の症状

女性の場合

おりもの・発熱・下腹部の痛みがみられます。数週間から数ヶ月は自覚症状がないことが多いため、放置する例が多くあります。
長期間放置してしまうと、骨盤内の膜や卵巣卵管をたどって内蔵の炎症を起こす危険性があります。

風俗店に勤務するために定期的な診察結果の提出が必要なのは、自覚症状が出にくいためです。

男性の場合

性器から膿みや激しい痛みを伴います。
特におしっこをする時の痛みは耐えがたく、男性が淋病に感染して放置することはまずありません。
残尿もあるため、パンツが臭くなるのが特徴です。

淋病の治療方法

産婦人科や性病科で抗生物質の投薬治療が一般的です。

ソープランドでアルバイトする