クラミジアはもっとも多い性感染症として有名です。患者数は国内だけでも100万人にも達するといわれています。

クラミジアに感染する危険があるプレイ

NS(コンドームをしない本番行為)、生AF(アナルへの挿入)、フェラチオ、クンニ、69

クラミジアを予防する方法はコンドームの着用です。

クラミジアの症状

クラミジアの最大の特徴は感染の有無を自分自身で確認するのが非常に難しいことです。

女性の場合

女性がクラミジアに感染しても半数は自覚症状があらわれないと言われています。
風俗店に勤務するために定期的な診察結果の提出が必要なのは、自覚症状があらわれにくいからです。

代表的な症状はとしては、おりものの増加や下腹部痛が挙げられます。不正出血や性行為の際の痛みなどが伴うこともあります。

男性の場合

感染から2~3週間で症状が表れます。感染初期は症状があらわれないことも多く、気づかないまま性交渉を重ねてしまうことがあります。

男性のクラミジアの症状は、排尿時の違和感や痛み、尿道のかゆみや不快感、残尿、膿のような分泌物です。
クラミジアに感染すると残尿があるため、パンツが異常に臭くなるという特徴があります。

クラミジアの治療法

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり

クラミジアの治療は、クラミジア感染症治療薬(ジスロマックなど)を服用します。
ジスロマックは1回飲めば7日間効果が続くために飲み忘れがなく、ほぼ全てのクラミジアを治すことができる薬です。

ソープランドでアルバイトする